名古屋港線のトンネル? 放浪STATION

乗り物の風景いろいろ・・動画満載のブログ

クリックでヘッド画像アーカイブス
ホーム > JRF・名古屋港線 > 名古屋港線のトンネル?

名古屋港線のトンネル?

2/3の記事で少し御紹介した、名古屋港線の八幡信号場・・・
今回は、ここから名古屋港方へ、少し歩いてみましょう~


八熊通に架かる架道橋は、複線の幅があります。


架道橋の銘板には

昭和六年 汽車製造株式會社製作 鉄道省

 
と書かれていました  (1256は製造番号?)

八熊通を背に、民家に挟まれた細い道を南下します。

すると

こんな場所に・・・

名古屋港線・甲街道畔架道橋です

この付近にある他の架道橋と違い、トンネルで線路をくぐります。

西側へ抜けてみましょう~


真新しいプレート!
といってもクリアケースに、プリンターで印刷されたものが、入っているだけです。

しか~し、ブログのネタ集めをする人には、分かりやすくてウレシイ限りですね・・・
ファンにやさしい鉄道会社なのかも?@JRF w


複線分のトンネルをくぐり抜け、西・・・新幹線側です。

この間口の違い!ガリバートンネルですね~

戦前からある貨物線と、高度成長期に出来た新幹線が並ぶ、この辺ならではの景色かも?


右の赤いのは落書きでしょうけど、左は・・・


ちがいますね 1.9M

戻りましょう~


あれ?どこから落ちたんですか?^^;


トンネルを出た所で名古屋港方を見る

防音壁がゆるくカーブしていますが、現行の路線は直進です。
曲がっているのは、ここから白鳥駅へ、線路が分岐していた頃の名残・・・

この付近は、区画の割方や斜めに進む道路から、
興味のある方なら、白鳥線の廃線ルートは簡単にトレースできます。


以上、ウチの近場を歩いて(散歩にしては、ややハードかw)記事にしてみました。




名古屋港線の記事が続く時は、公私共に忙しい~と思って下さい。
それ以上に忙しいと、更新すらしませんけど(笑)


スポンサーサイト
web拍手 by FC2






コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する