大桑駅と第10仲仙道踏切・・・2 放浪STATION

乗り物の風景いろいろ・・動画満載のブログ

クリックでヘッド画像アーカイブス
ホーム > 駅めぐり > 大桑駅と第10仲仙道踏切・・・2

大桑駅と第10仲仙道踏切・・・2

では、前回の動画でチラっと登場した、大桑駅を見てみましょう~


簡易委託駅で、私が到着した時は無人でした。
中央線の小駅は、改装されているものの、どこか汽車の駅って感じがする?
中津川以遠は、ダイヤも汽車型ですがw


駅前にあった、コミュニティーバスの停留所・・
「くわちゃんバス」


駅前から続く坂を上った所に、大桑村と大きく書かれていました。


2面2線の相対式ホーム
曲線上に設けられているため、上下線で高低差があり、
中津川方面ホームから、松本方面ホームを見下ろす感じです。

架線柱の注意書きを、大きくしてみましょう~

列車の速度がたいへん速くなりました・・・
383系が登場した時に、取り付けられたものなんでしょうか?


19号線に立つ、駅の案内標識です。
御嶽山を望む、中央線の景色だ・・・


桜を絡め、駅名標を撮ってみました・・


☆☆大桑駅と第10仲仙道踏切 撮影後記的なモノ ☆☆

予定では落合川で下車し、ダム湖の桜をバックに、
踏切動画を撮影する予定だったのですが、
時すでに遅し!ほとんど散っていました(;´Д`)
じゃ、もう少し足をのばしてみよう~
桜と、駅の近くに踏切、そんな条件を満たす場所、
それと日没までの時間を考慮し、電車に揺られていたら、
ここへ辿りつきました。

ロケーションはよいものの、カメラを構える場所探しに苦慮した・・
国道の線路側には歩道がなく、路側帯に突っ立って撮影する勇気はありません。
歩道のある側から撮れば、クルマがかぶってしまう・・
意外と、踏切を横切るクルマも多い・・
ふ~む
とりあえず、サクラ越しに「しなの」が、踏切を通過していく・・・この構図は、諦める事にする。
どうせなら正面から撮りたい、しかしコンセプトは踏切動画だ、
踏切を、ないがしろにする事も出来ない・・・
前回の犬山線のように、電車が次から次へと来るなら、まったく問題ないが、
ここの場合、ほとんど一発勝負、ましてこの時間からでは・・・
と、悩んでいるうちに警報機が鳴りだす~
いかん!
頭の中の時刻表では、松本側から「しなの」が来るはず、
慌てて、遮断機横のわずかな空間に、三脚を立てた

あれ?矢印を見ると、中津川方から列車が・・
あ・貨物だ
速攻で場所移動・・
この駅で交換か~
しかし、この立ち位置で上手く撮れるのか?
ぎりぎり、EF64を正面から撮る事が出来た、
さぁ、この後どうしたらよいか・・・
運の良い事に(乗っている方には申し訳ない)「しなの」が少し遅れている模様、
このおかげで、ゆっくりアングルを変え、正面から撮る事ができ、
かなり強引に、警報器遮断機も収められました。

この特急の遅れは、後々自分の身に振りかかってくるのです・・・

2009.04.12.


スポンサーサイト
web拍手 by FC2






わくわくしましたかw
それは、よかったです・・・
計画性のない遠出ほど、思いもよらぬ発見があったりします。
[ 2009/04/17 23:19 ] [ 編集 ]
いいですねー、こういうドラマチックな書き方って、読んでいるとわくわくします。本当に、撮影のための遠出って、突発的なドラマの連続なんですよね。これが大好きで切符を手に汽車に乗るのだと思います。
[ 2009/04/16 23:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する