汽笛響く あおなみ線  放浪STATION

乗り物の風景いろいろ・・動画満載のブログ

クリックでヘッド画像アーカイブス
ホーム > 放浪STATION > 汽笛響く あおなみ線

汽笛響く あおなみ線



毎度 おなじみの向野橋も、
いつもとは違う面持ち・・


某市長が「あおなみ線にSLを走らせる」と公言した時、
ま・また なにを~
「寝言は寝てから言えょ」
なんて聞き流していましたが・・


ホントに走っちゃいました~




高層ビルや新幹線を背景に、
白煙を上げるC56 
うぅ なかなか楽しい眺めじゃないですかぁ ^ ^

奇声を発する黒い珍客に、
鳥も驚いているようです。

機関車にレンズを向ける、
名古屋車両区の人たち・・
「昭和のSL映像館」で見た1シーンを、
目の前で再現してくれているような感じだ!

わけもわからず歓声を上げる子供

慣れないカメラを片手に、
奮闘するオバサン

実験走行が作り出した、
数々の微笑ましい光景、
いつまでも心に残る事でしょう~


では
名古屋の今を走るSLの風景

どうぞ







スポンサーサイト
web拍手 by FC2






スー さま>
熱いコメント ありがとうございます ^ ^
楽しかったですね~
感謝の意を表し、動画の最後にクレジットしておきましたw
コチラやYouTubeに、
お寄せいただいたコメント読む限り、
不人気スポット巡りが功をなした感じです(笑)

名高速とSLのミスマッチ・・

船溜からの遠景で、
昔日の風景に思いを馳せて頂ければ、
制作者の狙い通りですv^^
自分もそんな事を想いつつ、
煙を出してくれよ~ と祈り、
カメラを回していました(笑)

もっともこの場所、
真っ黒な水と立ち並ぶ倉庫・・
昔の風景ってボンヤリとしか出てきませんが、
こんなに展望が開けてなかったような気がします。
今が一番良い眺めなのかもしれません・・
アンダーパスが完成し、ライブ地区にビルが建ち始めると、
列車の眺めは消されるかも?です。

次回に備え 今から、
不人気スポット候補地を探します・・
よい場所があれば又 ご一緒に~(爆)
[ 2013/02/20 23:54 ] [ 編集 ]
今回ほど撮影場所が限られてしまう列車走行も珍しいと思いますが、
これぞ放浪staitionという映像で楽しませていただきました。
ニュースで綺麗な映像は見れるし、定番スポットは目をぎらつかせた方々に任せて、
短い時間でしたが不人気スポットの放浪に同行出来たことを嬉しく思いますw

平地からのロングショットというのはいろいろ想像させられます。
この名古屋にビルも高架もなく、こんな風に遠くからでも響く汽笛と蒸気で線路や駅の方角がわかる時代があったんだろうなあと。

子供たちはゲームとスマフォからしか刺激を得にくい世の中になってしまいましたが、
動く文化遺産博物館のような蒸気機関車が市街地を走ることで、
驚きと発見をリアルに体験できたのではないでしょうか。
今回のイベントはとても意義のあるものだったと思います。
是非続けてもらいたいと思います。

それにしてもラストのお父さんと子供の声、最高ですね。
[ 2013/02/20 12:07 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
観覧席やイベント会場は、
それなりに混んでいましたが、
一歩離れると、比較的余裕を持って見られたので、
良かったです~ ^ ^
最後の「声の出演」の方々ですが、
運河橋で構える私の所へ、
お父さんが走ってこられ
「ここからでも見えますか?」
と息を切らして尋ねてきました・・
「小さくてもよければ見えますよ」
と答えると 娘たちを呼び寄せ
間に合ってよかったと
楽しそうに歓声を上げ手を振ってました ^ ^

観覧席では罵声も飛んだりしたようですが、
コチラは ほんわかムードでした♪

しかし なんであんなムキになるのだろう?
何事も 少し離れて。。ですね ecotan kota さん(笑)
[ 2013/02/19 22:11 ] [ 編集 ]
市長があおなみ線でSLを走らせるといったとき
鉄道ファンは「無理だろうな」と言いつつ、わずかながらの
期待を胸に、この時を待ち望んでいたのではと思います。
あおなみ線を「動く鉄道博物館」にする計画も
実現するかもしれませんね~!その時が楽しみです。

記事を読んでいると、様々な人たちが一つのものに夢中に
なっていたんだぁ~と何だかほほえましく思えます。
自分は用事があってSL撮影には行けませんでしたが、
未来を信じて楽しみはとっておきます(笑)
[ 2013/02/19 07:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する