放浪STATION

乗り物の風景いろいろ・・動画満載のブログ

クリックでヘッド画像アーカイブス
ホーム > アーカイブ - 2008年04月

トランパスは使えません 御嵩口駅

犬山から分岐し、前回の記事「御嵩」までを結ぶ、名鉄広見線・・
ベッドタウンとして、著しい発展を遂げた、
可児市内にある駅と比べ、末端部の明智~御嵩間は、ローカルそのものです。
名鉄が推進してきた無人駅システムも、この区間には導入されないようです。




1920年の開業時、ここが終点で「御嵩」を名乗っていた・・・


新可児方面を見る
見ての通り無人駅です


駅名標


昔は、貨物の扱いもあったようで、
その名残か構内は広く、ホームの遺構もあります。


ホーム跡から、駅全体を見る。
ホームの長さは2両分しかない・・・
4両の電車もあるが(犬山線直通・朝夕のみ)、ドアカットで対応している。


待合室


木製架線柱の古看板
読みにくいが「うちじゅうそろって・・・農協貯金」だと思う


次は 顔戸・・・



廃止もささやかれた、この区間の記事が続きます。

【御嵩口】岐阜県可児郡御嵩町 web拍手 by FC2






スポンサーサイト