放浪STATION

乗り物の風景いろいろ・・動画満載のブログ

クリックでヘッド画像アーカイブス
ホーム > アーカイブ - 2008年03月

狭いながらも、楽しい駅? 豊川線の諏訪町駅

路面電車の趣もある名鉄豊川線、
そんな豊川線の諏訪町駅です。



道路に挟まれた立地条件・・・

ホーム幅は狭いが、長さは6両分ある。


「この先踏切」電車用の標識ではないw
ホームの左側も、道路です。


道路側から見た ひょろ長いホーム


駅名標


2007年に、リニューアルされた駅舎の幅は こんだけ~
それまで、この狭隘な場所に、有人駅舎があったのだから驚きです・・・


駅集中管理システムによる無人駅で、
一部を除き、バリアフリーです。


縦に2台並ぶ券売機
その間に、保守用の出入り口がある。
よく考えられたレイアウト  かも


東口の自動改札


出入り口は、東口・西口の2ヶ所です。
こちらの画像は西口
目の前が西口だというのに、切符うりば東口へ・・なる案内があります。

中へ入ると・・・

券売機の設置スペースは確保されているものの、券売機がありません。
乗車券類をすでに持っている人のみが、西口を利用できるです。


これが、切符を持たない者を拒む、西改札口だ!

こんだけ です
個人的には、すごく気に入っております。
まる乗り1DAYを持っていたなら、数回往復してたかも(笑)

そして
この狭い空間に、必要なものがギッシリ詰めこまれた、諏訪町駅の極めつけは・・・

東口の駅舎から、やや離れた所にポツンとある




です
夢に出てきそう~


前半で、一部を除きバリアフリーとしたのは、この為です。
外観だけで判断してはいけませんが、おそらくバリアフリー対策は、されてないと思います。
なぜ、孤立してしまったのでしょう?
有人駅舎時代の画像を見れば、何か解るかもしれません・・・



有人駅舎時代の画像(ウイキペディア) web拍手 by FC2






スポンサーサイト