放浪STATION

乗り物の風景いろいろ・・動画満載のブログ

クリックでヘッド画像アーカイブス
ホーム > アーカイブ - 2007年08月

古駅巡礼 山田上口駅



鳥羽行きの単行気動車停車中~


鳥羽行きが発車したら、こんな駅舎が姿を現しました。
ピンクと白の塗り分けで、ポスターや看板の類いが少なく、スッキリしてます。


駅名標
後ろにある工場の壁には、童話の主人公達が描かれてました。
横浜ゴムの工場です(又もや・笑)ゴムラは、いない模様・・・


資産標・・


この駅も、歩道橋のような跨線橋です。


年に一度の、花火大会の日以外は、終日無人駅ですが、
駅務室の窓は、カーテンが閉められておらず、中が丸見えになってました。
花火が迫ってたので、準備でもしてたのか、いつもこうなのか?です。


待合室の様子・・・
これは、スゴイ!ベンチもゴミ箱もない!!な~んにもないです・・・
花火仕様なのか?いつもこうなのか?
広い空間を利用して、何か出来そうです(←何ができるんだ!)


窓口の様子・・・
こちらも超スッキリ!!なんにもございませんです~
広い空間を利用して、何か出来そうです(←もういい)


駅を前面から見ましょう~
駅名看板の上に、ポコッとあるのは、鳥の巣ではなく・・・


注連飾りであります
駅名看板は、プロの手によるものではない感じです。
これはこれで、いい味出てます・・・


伊勢市方から列車が到着したが、降りてくる人はなく2名程が乗っていった、
土曜の昼下がりのローカル線となれば、こんなものかもしれないが、
市街地にある、立派な駅舎も寂しそうだ・・・


駅前から大通りまで続く道も立派!

この辺りで時間を潰し、再び鳥羽方面の列車に乗りこみ、
久しぶりに「二見」でも行ってみるか・・・という計画だったが、
ダメ!暑すぎ・・汗がとまりません!!
1時間に一本の厳しさを感じながら、この広い道を歩き大通へと向かう・・・
コンビニか喫茶店を期待したが、何もない(;.;)
カックシ感がピークに達したその時、
そこに三交のバス停が・・・
やった!5分後に伊勢市行きがある~救われた
渡りにバス?とはこのこったい~
頼もしいね~三重交通・・
涼しい思いをし、伊勢市駅までワープをしたのは良いが、
列車がないのに変わりなく、フリー切符なので他の交通機関を使うのももったいない、
次々と両方向へ発車する近鉄が、うらめし~

駅前駅ナカ共に、寂しくなったとはいえ、
山田上口に比べれば、時間潰しのアイテムは揃っているが、
次の発車を考えると、帯に短し襷に長しだ、
そうだ、腹もへったし駅弁でも買って食おう!
と、売店を覗いてみたが、駅弁らしきものがない、
近くにいたオバさんも、同じような事で悩んでおられたようだ・・・
(品切れではなく、取り扱ってない模様)
近鉄側へ行けばとも考えたが、長い跨線橋を歩く気にもなれず、
伊勢えびチップなるものを買いこみ、時間を潰す・・・
(意外とおいしかった、伊勢えびチップ)
暑さにダウン寸前なんで、帰路についたのでした。


というわけで
伊勢市から乗った、国鉄車の中から駅名標・・・
この1枚の為の、長い前振りだったのか?(爆)
コレに乗ると、無性に弁当食いたくなります。
コンビニの弁当じゃダメで、駅弁だね・・・

参宮線・山田上口駅 2008.08.18
web拍手 by FC2






スポンサーサイト

古駅巡礼 宮川駅



ホーロー製の駅名看板が良い感じの、JR参宮線 宮川駅・・・
この駅にも、注連飾りが付いてます。


資産標


左近ショウ・・・そういう事は書かないの・・・笑


この駅の見所は、土台が煉瓦積みの、古臭い便所でしょう・・・
実際、臭い!(^^;


酷使?される場所なんで、上に乗っかてる部分は、何度も改修されてる感じです。


男子小用
壁式って言うらしい・・・


便所にあった資産標


下に書かれてたものが、うっすら見えます・・・
官第一號?


煙突ならぬ臭突の数から、個室が4つあったようです。
今は、1ヶ所だけ・・・
1つは清掃道具入れ、2つは塞いであった。
入り口跡のようなものがありますが、以前は駅の外からも入れたのか?


この駅もホームは長く、嵩上げされてない端の部分で、
煉瓦積みを見ることができます。


回送列車停車中の宮川駅

後ろが緑豊かな公園になっており、非常に広々した印象の駅です。
今回は、古便所巡礼でした・・・笑
web拍手 by FC2






古駅巡礼 田丸駅



最近、駅前の整備がされたのか、
ウイキペディアの画像と見比べると、タクシーの待機場所が違っています。
それと駅前がロータリーになってました。
この駅には初めて降りたので、自分では以前との比較ができません。


ローアングルで有名な、小津安二郎監督の映画で、
ラストシーンのロケ地として使われた らしい・・・
手前の看板は、田丸神社の案内です。


程よい色の落ち具合だと思います(笑)


駅の正面入り口
駅名看板は、CI化されてないもの・・・良い!
この地方の民家は、一年中注連縄を張ってますが、
駅も、それに習ってるようです。


資産標


待合室と改札口
ラッチはなく、切符の回収箱が置かれてるだけです。


窓口の様子・・・早朝夜間は無人になるものと、思われます。


入り口の扉は木製


駅名標 


亀山方面ホームから見た、駅本屋と跨線橋
有効長が長いのは、お伊勢さん参拝列車が行き交い、
賑わっていた時代の名残だろう・・・


要人のお伊勢参りにも、近鉄が使われてしまってる、今の参宮線は・・ってーと
(寂)
web拍手 by FC2






三河一宮駅 発車



JR飯田線・三河一宮駅
古駅ボロ駅の類いでは、ありません。
古い駅舎ですが、綺麗に改装されてます。


駅名標
以前は、愛知県宝飯郡一宮町でした。


名所案内
砥鹿神社の最寄駅です。


それで、駅舎が社殿風の造りになってるものと、思われます。


窓口の様子
業務委託駅です。


待合室・・・
窓はサッシになってますが、駅舎の雰囲気にあった色合いのものです。


高山線復活を告げるポスターが、遠く離れたこの駅にもありました。


相対式ホームですが、千鳥状の配置になってます。
下り・中部天竜方面ホームの端と、駅本屋がある上りホームの中央あたりが、
青天井の跨線橋でつながってます。

では、無蓋跨線橋の様子と、
119系電車の発車をご覧下さい・・・
カタンコトン~と いい音残して、駅を離れていきます。

web拍手 by FC2






古駅巡礼 野田城駅



停車中の単行は、次の新城が終点・・・


駅名標
この駅で降りると、ニオイが出迎えてくれます。
カー用品店の、タイヤ売り場のニオイ?です・・・


ニオイの元へ行ってみましょう~
線路に向けて、タイヤのブランドが書かれた看板が並んでいる。
ここは、春になると桜が綺麗です。


駅の隣は、横浜ゴムの新城工場です。
工場の一角が、「タイヤランド」と名づけられた、小公園になってます。


ゴムラ!  と、看板に書いてありました・・(;´Д`)


こちらは、首長竜・・・
照明がありますが、夜になるとライトアップするのでしょうか?


駅へ戻りましょう~


駅の正面・・・
自転車を移動させて、撮影したりするのですが、
この日は曇り空にもかかわらず、じっとしていても汗が出るような蒸し暑い日で、
動かす気になれませんでした(;´Д`)


資産標


待合室の様子
窓はサッシになってます。
ベンチはコの字型に配置されていて、奥が造りつけの木製ベンチですが、
ひんまがっていて座りにくそうです・・・


窓口の跡
時刻表上の、木の板には「今日も笑顔」と書かれてました。
誰に向けてのメッセージでしょう?


駅の中にトイレはありません。
そのかわり、駅前に説明書き付きの、デラックスなトイレがあります。


これが、その説明書き・・・
いろんな整備事業があるんですね(;´Д`)


知らない方が多いようです・・・
現地では気づかなかったが、下のプランターにも書いてあったとは(笑)


豊橋方面のホームへ行くには、構内踏切を渡ります。


この遮断機、線路に対して垂直方向に下りてきます。


日本信号社製・・・
電気踏切シャ断機が、製品名なのか?


2番線から、駅舎を見る。

古駅というより、ボロ駅といった趣の野田城駅でした(^-^)
web拍手 by FC2






2007年 夏の黒野駅 


2005年3月31日限りで、廃止となった名鉄揖斐線・谷汲線の黒野駅、
電車が来なくなって2年半程経った今の様子です・・・

その前に・・・

こちらは一足先に(2001年10月)廃止となった、本揖斐駅跡です。

草ボーボーで、なんにもありませんです(; ;)



妙な形のトイレは健在・・・
バス停は「本揖斐」の名を、受け継いでます。

では黒野駅・・・

周囲の家並みに、すっかり溶け込んでしまってる、
大正15年生まれの木造駅舎です。
いつ頃かわかりませんが、外装が変えられ、
白と黒のくっきりカラーでおしゃれして、
まだまだこれから・・・という感じでしたが、
あっさり廃駅となってしまいました。


名阪近鉄バス停留所


駅の横にある踏切跡から、忠節方向を見る。


ホームも健在・・・
架線が取り払われ、空が広く見えます。

狭いスペースに、色んな物が詰め込まれ、
ローカルながらも、賑やかな黒野駅だっただけに、
今のこの姿は、哀れですなぁ~・・・(涙)


揖斐方から、残されたホームを見る。

廃止からそれほど時間が経過してない為、沿線には遺構がたくさん残ってます。
ほったらかし・・っていうヤツっすか?(苦笑)


こちらは忠節の駅跡
この辺は、街中なので転用も早く進む・・かな?


忠節駅と並んであった、名鉄の有料駐車場は、
廃線より先に取り壊され、跡地にはドラッグストアーが建ってます。


タクシー会社の看板から、ここに駅があった事を知ることができる。


真砂町3の交差点
信号待ちの間に車中から撮影しました(^ ^;

さすがに色は薄くなってますが、
グリーンベルトと呼ばれた、車道上に色を塗っただけの安全地帯跡を、
今も見ることができます。
安全地帯の上を車がビュンビュン走る光景は、
現役の頃と同じですか(再苦笑)
web拍手 by FC2






古駅巡礼 美濃赤坂駅 2



昨日に続いて、今日も「美濃赤坂駅」です。


駐車場になってる駅前広場の片隅に、喫茶店があります。
「西鉄サロン」って、大牟田へ行く・・あの・・・じゃないですね~
「にしてつ」ではなく「せいてつ」なのかも?
営業中と看板には出てますが、私が行った時はやってませんでした。


これが、西鉄の本社です。


鉄道会社らしい社紋が、光り輝いているではないですか~


駅から少し歩いた所に、北へ伸びる線路と踏切があります。


踏切の注意書きも、東海旅客鉄道ではありません。


西鉄、専用線の跡、止まったままの踏切、放置された機関車・・・
駅周辺には、非日常を感じられる景色がいっぱいです。
赤坂宿の面影も残っており、見所は多そうですが、
なにしろ暑すぎて、ウロウロできません(^^;
また今度・・・というような気になる、美濃赤坂駅でした。

オマケ

クルマで走っていると、田んぼの中で突然、
線路の入り組んだ踏切に出くわします。
それが南荒尾信号場・・・
その近くに美濃赤坂支線の荒尾駅があります。

駅舎はなく、直接ホームへ入るタイプです。
ホームにある待合室は、昭和30年代の物のようで、ちょっと傾きかけてました。


駅名標
web拍手 by FC2






古駅巡礼 美濃赤坂駅





通称、美濃赤坂支線の終点「美濃赤坂駅」は、
JRの駅であり、西濃鉄道(西濃運輸とは関係ない)の駅でもあります。


入り口の扉は木製


駅舎を西側から見る


私は、乗降客ではないので、ここから裏へ回らせてもらった(^^;


舗装もされておらず、良い雰囲気じゃござんせんか~
中に人がいますが、JRの駅員さんではなく、西濃鉄道の方達です。


ホーム側から、改札口付近を見る。
ラッチ?は、新しいパイプ製でした。
左側にある、赤い矢印と自転車マークの看板は、
サイクルトレインではなく、レンタサイクルを告げるものです。


この自転車を貸してくれるのか?


旅客ホームを見る 


駅名標は(海)の標準タイプ


ホームから見た駅本屋、画像の右端は車止め・・
左手には、煉瓦造りの倉庫もありました。






待合室のようす 
ありますよ!生け花・・・ 


造りつけ木製の長ベンチ


窓口は板で塞がれ、その上に最新のポスターが・・・
先に書いたように、有人駅ではありますが、窓口業務は行われてません。
こちらのベンチは新しそう~


天井・・・
新建材なんか使ってありませんよ~




真新しいトイレが駅前広場に・・・
記事を書くにあたって、あちこちのサイトで駅の画像を見ましたが、
トイレの写っている画像が、見受けられないので、
つい最近、1台分の駐車スペースを削り、設置されたと思われます。


東側から見た駅本屋


駅前は広く、駐車場と屋根付き駐輪場が並んでます。
ただ残念な事に、駐輪場に隠れてしまって、
真正面からは、木造駅舎の勇姿を拝む事ができません・・・

明日は駅前の様子を、お送りします。(予定)
web拍手 by FC2






古駅巡礼 木曽川駅



東海道本線 木曽川駅


所在地は、一宮市木曽川町・・・


古い駅舎に忍び寄る魔の手・・(笑)
駅舎の後ろに足場が見えますが、橋上駅化工事の真っ最中です。


ホームから、駅本屋を見る。


古い駅には鳥の巣?


こちらの資産標も「M」


窓口の様子・・・
時刻表が貼られてるシャッターの部分は、チッキの跡か?


改札口周りは近代的


ベンチは木製ですが、今風のものです。


申し込み用紙の記入例には、古い住所(葉栗郡)が記されている。
東海中部鉄道・・・・ですかい(笑)


改札から跨線橋への通路


その通路の突き当たりに、ランプ小屋と自転車w


ランプ小屋を裏から見る


資産標


ホームに掲げられた、橋上化工事のお知らせ・・・
今の木造駅舎はどうなる?


隣の岐阜へは7.7㌔


広い構内 
橋上化は、着々と進んでいます。
完成すれば、踏切を渡って駅舎へ回り込む必要がなくなり、
便利になることでしょう~

2番線 特急通過 
黄色い線の内側でご覧下さい!?

web拍手 by FC2






古駅巡礼 亀崎駅





古駅巡りの定番?亀崎駅


半田駅は、最古の跨線橋でしたが、
こちらは、現役最古の駅舎だそうです。


資産標


駅舎内
みどりの窓口がありますが委託駅で、早朝深夜は無人となります。


跨線橋から見た駅舎
古い駅舎の屋根に、スレートの屋根が乗かってしまってるのが、なんとも残念・・・


半田駅同様、駅本屋から続くホームは使われてない・・・
できればこのホームから、客車に乗ってみたい


駅名標


改札付近から、跨線橋を見る。

毎日使う駅ではないので、実際の所はわかりませんが、
訪れる度、駅の中も外も共に綺麗なので、感心します・・・
利用する方のマナーがよいからこそ、
この駅舎も長く使われてるのでしょうね・・
茶色が良く似合う、亀崎駅でした。

web拍手 by FC2