放浪STATION

乗り物の風景いろいろ・・動画満載のブログ

クリックでヘッド画像アーカイブス
ホーム > アーカイブ - 2007年06月

「にしび」へ行ってみた・・・

昨日の書き込みは、今日へのネタ振りってことですかぁ~(^^;

名古屋本線・西枇杷島駅
これが駅の外観
駅前広場や、タクシー待機はありません。
(但し、踏み切りを渡った所に、タクシー会社ありです)

ホーム極狭です。
名古屋本線・西枇杷島駅
すばらしい開放感!
・・・屋根がまったくないだけですけど(;´Д`)
東京の知人は、新幹線の車窓からこの駅を見て、「柿の種」と表現してました。
又、ある人は「三日月ホーム」と・・・
阪神・春日野道駅のホームが改良されてしまったので、
極狭ホームの仲間が、減ってしまいました。
端っこは、大人が一人立つだけで、いっぱいであります。

名古屋本線・西枇杷島駅
長さは、4両ジャストフィット・・ほとんど遊びナシです。

西枇杷島駅の看板
このホームには、電車から降りた後、電車に乗る前の、限られた時間しか居る事ができません。

駅員風?
制服を着た人は駅にいますが、客誘導のみで、出札業務等はしません。
駅員のようで駅員でなし、養老線の「車掌のようで車掌でなし」と同じか・・
ここは、無人駅システム対応の、無人駅であります。

あわてんぼ
フライング入場してしまうと、構内踏み切りの遮断機前で、ずっと待たされる事になります。
自動改札なんで、ついつい入りたくなりますわな(;´Д`)
「どうぞ・・・」と声がかかれば、入場OK!
爽快感あふれる、オープンエアーなホームへの、扉が開かれます w

曲線&勾配が待ちうける名古屋方
ショボイ駅のようですが、神業運用をする名鉄に取って、
なくてはならない「西枇」だったりもするのです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ web拍手 by FC2






スポンサーサイト